Written by Japo Yuki

[3] 疑問文 FORTNITE ENGLISH 32

FORTNITE ENGLISH 32

どーも、ジャポです!
Wow
さぁ、フォートナイト ENGLISH 32。
今日は、KNTとデュオをしながら、(Be動詞と一般動詞の)疑問文について、説明していきます。
疑問文とは、「〜〜〜〜ですか・しますか?」と、たずねる文のことです。

第1回と第2回で、「Be動詞」と「一般動詞」について、勉強しましたね。
動詞で、疑問文の作り方が変わってくるので、それぞれの疑問文の作り方をみていこう。
わからなかったら、何度でも見てくださいね。

それでは疑問文のポイントです。

①作り方   Be動詞は、前に出して「?」 / 一般動詞は、Doではじめて「?」

②答え方   Be動詞で聞かれたら、Be動詞で答える / Doで聞かれたら、Doで答える
さっそく作り方から説明していくね。

  Be動詞は前に出して「?」

Be動詞の場合、I am Japo. (私はジャポです。)
<これを疑問文に変えてみよう。そうすると………、>
Am I Japo?   (私はジャポですか?)
<自分が、何者か問いたくなったら、このように聞いてみよう。>

<もし、ジャポが君に、>
Am I Japo?  (私はジャポですか?)<と聞いてきた場合、どうやって答えようか。>
<答えはこう。>
Yes, you are. (はい、あなたは、ジャポです。)
※答えるときに、(私→あなた)になっていることに注目してほしい。

日本語で考えるとわかるが、英語で考えるとわからなくなる人がたまにいる。
ゆっくり慎重に考えてみてほしい。

  一般動詞はDoではじめて「?」

一般動詞の場合、I play FortNite.(私はフォートナイトをプレイします。)
<これを疑問文に変えてみよう。そうすると………、>
Do I play FortNite? (私はフォートナイトをプレイしますか?)
<これに関しては、本当に周りの人は「知らん!」ってツッコミたくなりますよね。>

<もし、ジャポが君に、>

Do I play FortNite? (私はフォートナイトをプレイしますか?)<と聞いてきた場合、どうやって答えようか。>
<答えはこう。>
Yes, you do.(はい、あなたは、フォートナイトをプレイします。)
答えるときに、(私→あなた)になっていることに注目してほしい。
英語では、必ずだれが(主語)をつけることもポイントですね。

では、次に答え方についてみていきましょう。

  Doで聞かれたら、Doで返す

Do you like FortNite?(あなたは、フォートナイトを好きですか?)
<これに対する答えはこう。>
Yes, I do. (はい、私は好きです。)
<または>
No, I do not.( いいえ、私は好きではありません。)
※Doで聞かれているから、答えに必ず、Doが入っていることに注目してほしい。

では、Be動詞の疑問文に対する答え方はどうか。

  Be動詞で聞かれたら、Be動詞で答える。

Are you Japo? (あなたはジャポですか?)
<これに対する答えはこう。>
No, I am not.(いいえ、私はジャポではありません。)
※Be 動詞で聞かれているから、Be動詞で答えていることに注目してほしい。

それでは、最後に疑問文のポイントをまとめよう。

  「作り方」 Be動詞は前に出して「?」一般動詞はDoではじめて「?」。

  「答え方」 Be動詞で聞かれたら、Be動詞で答える。 Doで聞かれたら、Doで答える。

読んでくださって、ありがとうございます。

ジャポ